医療の力を利用する

入念なお手入れ

どうしても痩せたい!そんな方におすすめです。脂肪吸引なら沖縄でおすすめのクリニックがあります!費用や口コミ情報もご覧になれますよ。

頬のたるみを解消する方法は選択肢が多くあります

頬のたるみは基本的には皮下脂肪の下垂によっておこるもので、皮膚のケアでは解消しません。現在は頬のたるみの解消術は色々とあります。超音波を照射して顔の深部の筋膜を刺激し、コラーゲン繊維を収縮させることによって顔を引き締めます。また突起の付いた糸を皮下に埋め込み、その突起を利用して皮膚を引き上げる施術もあります。この糸は溶ける糸と溶けない糸があります。頬の深い部分にある脂肪を除去する方法があります。これは口の中から行うので傷は見えません。頬の脂肪をとることで若く見え小顔に見えるようになります。顔の脂肪が少ない人には向いていない施術となります。頬のたるみを取る手術として、ミニリフトというフェイスリフトがあります。これは頬の部分を耳のほうへ引き上げて、余分な皮膚や脂肪を除去するものです。頬のたるみ取りは超音波から切るフェイスリフトまで種類が多く、その人の年齢や脂肪の具合で方法を選択します。今後も、頬のたるみを解消する選択肢は増えていくものと思われます。

どの程度リフトアップを望んでいるのかを明確にします

頬のたるみを解消するにはいろいろな方法がありますが、その人に合った施術を選択する必要があります。頬のたるみは皮下脂肪の下垂が原因ですが、頬の奥の脂肪を取る方法は脂肪の多い人にしか向きません。脂肪の少ない人が行うと頬がこけて見えます。整形は主観的な物なので、他人から頬がこけていないと言われても、本人がそう思う場合には失敗です。そのためにカウンセリングが重要です。頬のたるみを解消したいとはっきり伝えます。医師が可能な施術をいくつか挙げてくれます。自分に合うと思う方法を自分で決めます。糸で引き上げる場合には、それほど効果がなかったと感じる人もいます。もともと劇的にたるみを解消する手術ではないので、そのことも事前にきちんと説明を聞くことが大切です。完璧に頬のたるみをなくしたい場合には、切るリフトアップが効果がありますが、切ることに抵抗のある人は別の方法を考えることになります。自分がどの程度のリフトアップを望んでいるのかを明確にしてから施術を受けるようにします。

関連リンク

このエントリーをはてなブックマークに追加